トップページ

NPO法人・虹の会のホームページへようこそ。

NPO法人虹の会では、新規利用者さんを募集しています。

見学や体験も随時受け付けています。  まずはお気軽にお問い合わせください。

NPO法人虹の会リサイクルランのあゆみ

1986年2月9日

自立の家「つばさ」(代表・佐藤賢一当時21歳)をオ-プン、この一員として活動していました。

1996年4月1日

メンバ-が増えて手狭になったことと、ランのバザ-で集まったリサイクル品の有効活用を目指して若江岩田駅近くに「リサイクルラン」がオ-プンしました。(代表・山本糸子)古着などのリサイクル品の販売を中心としながら、地域の人達が集まるコミニティの場となる。一年間は助成金は受けず、経営状況は厳しかったが、今の虹の会の原点となる第一歩でした。

1997年4月

「リサイクルラン」として東大阪市から正式に作業所として認められ、助成金を獲得する。

1999年4月

現在の若江本町ハイマ-ト若江108号に移転。店先で古着屋をして八尾の買い物市場へも出店。

2005年4月

利用者の増加により隣接の109号に増設、支援学校卒業生が五名入りフレッシュな雰囲気に。

2006年11月

楠 敏雄を理事長にNPO法人虹の会設立総会を開催。

2007年4月17日

NPO法人虹の会設立。

2007年4月

地域活動支援センタ-「虹色のたまご」を開所し、無認可作業所「リサイクルラン」と二事業に。

2007年12月

障大連東ブロック設立記念総会「すべての人が地域で暮らすために」開催。講師朝の史郎

2011年4月

「地域活動支援センタ-Ⅲ型事業リサイクルラン」と「地域活動支援センタ-Ⅲ型事業虹色のたまご」の二事業を合併した形とし、さらに事業形態を変更し、「就労継続支援B型事業リサイクルランとして新規事業開始。

   9月

虹の会単独で宿泊体験旅行実施。

2014年4月

楠 敏雄の後任に、新理事長に障大連より細井清和を迎えて新しい理事会となる。

2015年12月

新規事業「生活介護れすと」を開所